診療時間

スタッフブログ

川崎駅 ゼロスポアドバンス 『五十肩』

川崎駅 ゼロスポアドバンス 『五十肩』

 

その症状もしかして……

こんにちは!ゼロスポアドバンスです!

今回は40〜50代に多く見られる『五十肩』『四十肩』についてお話ししていこうと思います。

皆さん『五十肩』『四十肩』は別物だとは思っていませんか?

実は違いは無く、40代で症状が出れば『四十肩』、50代で症状が出れば『五十肩』と呼ばれております。

五十肩(四十肩)は関節痛です。五十肩(四十肩)は年齢を重ねるごとに肩の関節がスムーズに動かなくなる症状の事を言います。

髪を後ろで束ねるとき

電車でつり革をつかむとき

洋服の袖を通すとき

肩よりも上にある物を取ろうとしたとき

エプロンの紐を結ぶとき

髪を洗うとき

歯磨きするとき

寝返りをうつとき

 

などなど肩を上げる動作でひと通り痛みが現れます

 

 

痛みの状態について

◉急性期

・肩が重苦しい感じ(鈍痛)

・肩の関節がピキッと痛む(鈍痛)

・肩周りの感覚が鈍くなる

・腕に違和感を感じる

・ズキズキと、うずくような痛み

・朝晩に痛みが強くなる

・何をしていても痛い(安静時痛)

・夜寝る時に痛みがあり寝つけない(夜間時痛)

・痛みで目が覚める(夜間時痛)

 

◉慢性期

・夜間時痛、安静時痛は軽減する

・急性期の痛みにより、動かさない状態が続くことで関節が硬くなり、

 可動域(動かせる範囲)が狭くなる

 

◉回復期

・徐々に痛みが改善し、可動域(動かせる範囲)も広くなる

・動かしても痛みが出なくなる

 

よく肩こりと同じ扱いをされてしまいがちですが、肩こりと五十肩(四十肩)とは明らかに違うものです。

簡単に説明すると肩こりは『筋肉疲労』、五十肩(四十肩)は『炎症』を起こしている状態です。

一般的な肩こりは筋緊張からくる血液循環の悪化が原因です。日々の姿勢の悪さや、運動不足、ストレスなどにより筋疲労がおこり、張りや痛みを引き起こします。

一方、五十肩(四十肩)は老化などにより、肩関節をとりまく関節包や腱板に炎症が起こり、痛みが生じると言われています。その為40〜50代に発症する事が多いのです。

 

 

治療方法

◉寒冷療法

急性期で五十肩(四十肩)で痛みが強く、熱を持っているような状態には炎症を抑える「寒冷療法」を行います。自宅で氷のうやアイスパックなどを使って冷やします。

長時間当てる場所を変えず冷やし続ける事は良くないため注意しましょう。

◉温熱療法

一般的に自宅で行う治療は温熱療法です。慢性期から回復期は温めましょう。血液の循環を良くすることで、治癒を促し痛みの緩和が期待できます。

自宅では入浴や蒸しタオルなどを使い温めましょう。外出時には肩を冷やさぬよう気をつけましょう。

◉運動療法

そして一番効果的な治療法が運動療法です。

ストレッチや振り子運動は肩関節の緊張をほぐし、痛みの緩和と、関節の可動域(動かせる範囲)を広げる事を目的とします。

放っておいても治る可能性もありますがしっかりと治して再発予防もしていきましょう!

 

当院は原因を特定したら、次はその原因の治療方針に沿って、患部の近くの関節の可動域を広げるようなマッサージを行うことで、患者様の正しい筋肉のバランスを整える「ゼロ整体」を行います。

その際には、インナーマッスルも鍛えることにより体幹を整え、筋肉の動きが無駄なく伝わるような身体に整えていきます。

 

肩がとにかく上がりにくい、何をしていても肩が痛いなどの症状が見られる方、最近身体の不調を感じている方は

ぜひ川崎ルフロン8階にあるゼロスポアドバンスへお越しください!!

 

お問い合わせ

  • ゼロスポアドバンス
  • WEB予約

診療時間

住所
〒210-0024
神奈川県川崎市川崎区日進町1-11
川崎ルフロン内8F
アクセス
京浜東北線 川崎駅から徒歩3分