診療時間

逆流性食道炎

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 食事の後、胸やけや胃もたれを起こす
  • 喉の奥にすっぱいものがあるような感覚になることがある

一般的な逆流性食道炎の原因|ゼロスポアドバンス

逆流性食道炎とは「胃酸が多く出て、それが食道に逆流してしまうこと」をさしますが、本来胃酸は逆流しないように、筋肉によって支えられています。

この筋肉の力が弱まってくると、胃酸が逆流しやすくなってしまうため高齢者に多い症状だと思われがちですが、最近では若い人でもなるひとが多いようです。

若い人が逆流性食道炎になる原因は、主に暴飲暴食や、過度の飲酒、喫煙、ストレスなども挙げられます。それらのせいで胃酸過多や、食道粘膜が過敏になることもありますが、一概には言えません。さらに便秘でお腹が張ってしまったり、脂肪分の多い食事をすることで消化に負担がかかり、胃酸の量が増えてしまうことも原因の一つとなっているようです。

実は重要なのは姿勢|ゼロスポアドバンス

「なぜ逆流性食道炎と姿勢が関係あるのか」と疑問に思う人もいるでしょう。

その関係性をわかりやすく説明するために、自分が食事をするときの姿勢を思い出してください。きちんと背筋を伸ばして食事をとっていますか?猫背になっていないでしょうか?また、寝っ転がって食事をとる、なんてことはありませんよね?

これらの姿勢で食事をする場合、内臓が圧迫された状態で食事をすることになるので消化がされにくくなり、消化器官への負担が大きくなってしまうのです。

それに加えて、姿勢が悪いということは自律神経が乱れていくことにも繋がっていくのです。自律神経が乱れると、消化器官の機能も弱まり胃酸の分泌をはじめ様々な消化器官系の機能も低下してしまうのです。

一般的な逆流性食道炎の対処法|ゼロスポアドバンス

この症状で医療機関を受診すると、薬の処方もしくは食生活の改善などを提案されます。

もちろん、これらの対処で改善することもありますが、改善しないで悩んでいる方が多いのも事実です。また、薬の効果も一時的で再発してしまうことも少なくありません。

当院の逆流性食道炎の施術|ゼロスポアドバンス

当院では「内臓の働きの改善」「自律神経のバランスの正常化」「食生活の改善」が逆流性食道炎を治すポイントだと考えています。

特に自律神経のバランスは、整体や骨盤周りを整えることにより内臓機能の回復にもつながります。

そのためには、当院オリジナルの方法で体を矯正していき、背骨や骨盤の状態を元に戻し自律神経を整えていきます。また、自宅でできるセルフケアや生活改善指導も行っています。逆流性食道炎の症状を改善するために、患者様ひとりひとりの状態に合わせ根本的なアプローチを行っていきます。

お問い合わせ

  • ゼロスポアドバンス
  • WEB予約

診療時間

住所
〒210-0024
神奈川県川崎市川崎区日進町1-11
川崎ルフロン内8F
アクセス
京浜東北線 川崎駅から徒歩3分