診療時間

ぎっくり腰

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 荷物を持ち上げようとしたときや、くしゃみをしたときに腰に痛みがある
  • 腰が痛くて前かがみや、後ろにそらす動作が出来ない
  • ぎっくり腰がひどく、発症と自然治癒を繰り返している

ぎっくり腰とは?|ゼロスポアドバンス

腰を痛めるとよく「ぎっくり腰ではないか?」と疑うことがあるかと思いますが、

このぎっくり腰、正式名称は「急性腰痛症」と言います。名前の通り、急に発症し動くと痛みが強くなります。

命に関わる疾病ではないですが、あまりの痛みに病院へ行く人も多いようです。しかし、レントゲンやMRIを撮っても異常が見つかることはなく、ぎっくり腰の多くは1~2週間で改善します。

海外でも同じような疾病があり、特に欧米ではあまりの痛みに「魔女の一撃」なんていう名前がついているほどです。

ぎっくり腰の原因とは?|ゼロスポアドバンス

現在のところ、はっきりとした医学的根拠や原因は分かっていません。

重いものを持ち上げた時に発症するときもあれば、少し腰を捻った、立ち上がろうとした、など発症するタイミングは様々です。今のところ、そう言った時に筋肉や関節が捻挫したり、炎症を起こしたりすることが直接の原因ではないかと言われています。

ぎっくり腰を放置すると?|ゼロスポアドバンス

先ほど、ぎっくり腰は1~2週間ほどで改善すると説明しましたが、比較的回復しやすいものの癖になりやすいという側面も持ち合わせています。

中には、1か月以上たっても症状が改善しなかったり、下肢全体に痛みやしびれが広がってしまう場合もあります。

そのような場合は、神経障害や圧迫骨折、腰椎椎間板ヘルニアになってしまっている恐れもあります。素人にはぎっくり腰なのかそうでないのか、簡単には判断が付きません。

腰を痛めてしまったら、またその痛みが長く続くようであれば自己判断せず、整形外科を受診しレントゲンやMRIを撮ってもらいましょう。

当院の施術方法|ゼロスポアドバンス

腰の痛みを抱えて当院に来ていただく方のほとんどは、腰椎、骨盤、背骨などが歪んでいることが多いです。

この部分をきちんと矯正してあげることで、ぎっくり腰は改善されると当院は考えています。

骨の歪みは、先天的なことを除きほとんどが日ごろの姿勢が原因です。

日ごろ悪い姿勢を取り続けることで、腰に過度な負担がかかっていきます。そうすると負担がかかっている場所の筋肉が硬くなり、その状態で筋肉を無理に伸ばそうとすることで痛みが出てしまうのです。

当院ではまず、何をしていたらぎっくり腰になったのかその状況を詳しく伺います。

発症が来院直前であればアイシングで炎症を抑え、時間が経過しているものであれば筋肉をほぐすマッサージを行います。

そこから骨格や背骨の矯正を行っていき、患者様ひとりひとりに合わせた全身バランスへと整えていきます。

ぎっくり腰で辛い方、癖になってしまってる方はぜひ当院で再発しにくい体を作っていきましょう。

お問い合わせ

  • ゼロスポアドバンス
  • WEB予約

診療時間

住所
〒210-0024
神奈川県川崎市川崎区日進町1-11
川崎ルフロン内8F
アクセス
京浜東北線 川崎駅から徒歩3分