診療時間

スタッフブログ

川崎駅 整体 ゼロスポアドバンス  『胸郭出口症候群』

川崎駅 整体 ゼロスポアドバンス  『胸郭出口症候群』

最近腕が重だるい、痺れがある

なんて事ありませんか?

 

それ『胸郭出口症候群』かもしれないです!!

こんにちは!ゼロスポアドバンスです!

今日は胸郭出口症候群についてお話ししていきたいと思います。

そもそも、胸郭出口ってきいたことありますか?

 

胸郭出口症候群とは

上腕や肩への負担のかかる運動で神経や血管が障害を受けることにより、肩、腕、手などにしびれや痛み、冷感、時には動かしにくさの症状が表れる状態のことをいいます。また、これらの症状を肩こりと感じる人もいます。

 

 

特徴としては

・なで肩の女性

・重い荷物を持つことの多い人

・ストレートネックの人

・無理な筋力トレーニングを行っている人

・つり革やドライヤーなど顔より上に手を挙げ続けると肩や腕が辛くなる

・手を高くあげるスポーツ(野球、バレーボール、テニス、バドミントン)

 

などの人に発症しやすい傾向があり

特に、20~30代の女性に多く首回りや肩周りの外傷などが原因となり症状が表れることもあります。

 

 

 

胸郭出口症候群になってしまうと

手のしびれや痛みによる握力の低下・肩こり・冷感などがあります。

実際に、肩こりを感じて通院したことをきっかけに、胸郭出口症候群が見つかる人もいます。症状が長く続き悪化していくと、自律神経系にも影響を与えるために頭痛や吐き気などの症状を訴える人もでてきます。

 

 

治療法として

保存療法がおもに行われ、リハビリテーションや温熱療法、薬物療法などがあります。

痛みが重度の場合や、スポーツ選手などで早期にスポーツを再開しないといけない場合などには、手術療法を行うこともあります。

胸郭出口症候群の手術は通常全身麻酔で行いますが、手術による神経損傷のリスクなどもあるので予防対策として自分で気をつけれることを紹介します!!

 

・疲労を感じた際には十分な休息をとり疲労をためないように意識する

・手や腕のしびれ、握力の低下などの症状があるときには肩を少しすぼめた状態で安静を心がける

・入浴などで体を温め、血液循環を促進させる

 ↪︎疲労回復や血流低下の改善にも効果的です

 

日常生活では、重い荷物は腕が引っ張られて症状を悪化させるので、できるだけ手で持たないようにしましょう。キャリーバッグを使ったり、左右の手で交互に持ったりするなど、肩に負担をかけない工夫をしていくことが大切になってきます。

腕を上げたり肩を上げたりした際に、しびれや脱力感を感じる場合でも胸郭出口症候群の可能性があるので早めの受診をおすすめします!

現在、この様な症状が少しでもある方は

一度川崎ルフロン8階にある

ゼロスポアドバンスにお越しください。

お問い合わせ

  • ゼロスポアドバンス
  • WEB予約

診療時間

住所
〒210-0024
神奈川県川崎市川崎区日進町1-11
川崎ルフロン内8F
アクセス
京浜東北線 川崎駅から徒歩3分