診療時間

スタッフブログ

川崎駅 整体 ゼロスポアドバンス川崎『離乳食について』

川崎駅 整体 ゼロスポアドバンス川崎『離乳食について』

離乳食を始めたばかりの人も、これから始める人も、

離乳食の進め方イメージ出来てますか?

 

こんにちは!ゼロスポアドバンスです!

今回は赤ちゃんの離乳食についてお話ししていきます。

 

【離乳食】

母乳やミルクををの飲んで育ってきた赤ちゃんが、ちょっとずつ固さや形のあるものに慣れていきます。

子どもの食事を摂取できできるようになるプロセスが「離乳」といいます。であり、ここの時期の食事を「離乳食」といいます。

食べ物をかか、かみかみつかみつぶしかみつぶした噛みつぶしたり、飲み込んだりできるように練習をするために、離乳食は必要なのです。

食事の楽しさを「体験」し自らあた食べる力を育みましょう。

 

では、いつから始めればいいの?

だいたい生後5ヶ月~6ヶ月になり、こんなサインがあったら、離乳食を始めるべきです。

 

・首のすわりががしっかりし、支えてあげるとすわることが出来る。

・食べ物に興味をしめす。

スプーンなど口に入れても舌で押し出すこことが少なくなる。

 

進め方のポイントは、

・その子に合ったペースで

・笑顔で

・赤ちゃんの様子や体調をチェック

・食べることの楽しさを伝える

 離乳食は大人も一緒に楽しむことが大切です!

献立のポイント

・素材の味をいかした調理を。塩分は控えめに!

・彩りよくたのしいメニューを。

・いろいろな食材を取り入れて。

 

次に、時期別の形状や硬さの目安をまとめました。

是非、離乳食を始める前に、離乳食がどのように進むかをざっくりでも把握しておくようにしてください。

 

 

ごっくん期

5~6ヶ月

もぐもぐ期

7~8ヶ月

かみかみ期

9~11ヶ月

ぱくぱく期

~1歳6ヶ月

 形状

とろとろ~ベタベタ~

ざらざら~つぶつぶ

コロコロ

固形

硬さの目安

液体より少しとろみがある

舌で潰せるくらい

歯茎で潰せるくらい

歯茎で簡単に噛み切れるくらいの硬さ

 

このような感じで、モデルケースよりも少し早い、遅い感じても、とかが離乳食にはよくあります。

ごっくん、もぐもぐ、かみかみ、ぱくぱく期の4つに分けて考えますが、これはあくまで目安です。

子どもの様子を見て、その時期にあった合う硬さと大きさで食事を用意してあげてください!

最後に離乳食の注意点です。

・食べなくても気にしない。無理に食べさせない。

・食器、食器器具の消毒は不要だが、きれいなスポンジで洗う。

・初めてあげる食材は午前中に小児科がやっている日にあげる。

などなど

いかがでしたか?少しでも参考になれば嬉しいです!

 

当院では、産後骨盤矯正を行っております。

子連れOKです!子守りはお任せを!

何かありましたら、川崎ルフロン8階にあるゼロスポアドバンスにお越し下さい。

お問い合わせ

  • ゼロスポアドバンス
  • WEB予約

診療時間

住所
〒210-0024
神奈川県川崎市川崎区日進町1-11
川崎ルフロン内8F
アクセス
京浜東北線 川崎駅から徒歩3分