診療時間

スタッフブログ

川崎駅 整体 ゼロスポアドバンス川崎 『沐浴について』

川崎駅 整体 ゼロスポアドバンス川崎 『沐浴について』

こんにちは!ゼロスポアドバンスです!

赤ちゃんのお世話の中でも、戸惑いや不安を感じる新米ママが多いのが「お風呂」。そんな方のために新生時期の沐浴についてお話ししていきます!

~沐浴~

そもそも、沐浴とは!

生後1ヶ月頃までの赤ちゃんは、大人と同じお風呂ではなく、ベビーバスなどを使って洗ってあげましょう。これを一般的に「沐浴」と呼んでいて、細菌感染などから赤ちゃんを守る目的があります。というのも、私たち大人がいつも入っているお風呂には、いくら新しいお湯をはっても雑菌が存在します。抵抗力ついてくる1ヶ月頃までの赤ちゃんは、専用のベビーバスを準備してお風呂に入れてあげるのが安心なのです。

◯沐浴を卒業するのはいつごろ

新生児期が過ぎたら、大人と同じお風呂で大丈夫。1ヶ月検診の時にお医者さんに確認してみましょう。

◯沐浴の頻度・回数について

沐浴は、1日1回が基本。ですが、汗をたくさんかいたり、うんちやおしっこなどで汚れた場合には、数回入れて大丈夫。

◯沐浴をするタイミング

沐浴をするタイミングで大事なのは、毎日だいたい同じ時間帯に入れること。

時間帯に決まりはありません。

◯お湯の温度について

沐浴の温度は38℃前後が最適。

◯沐浴に必要なもの

・タオルやバスタオル

・ガーゼ(顔を洗う用)

・洗浄料(ボディソープ、ベビー用石鹸など)

・湯温計

・沐浴布、大判ガーゼ(赤ちゃんの体にかける用)

・おけや洗面器(赤ちゃんの体にかける用)

・着替えの肌着、ウエア

・替えのおむつ

 

など。ベビーバスは使う場所を決めてサイズを確認してから購入するのがおすすめ。

ではここからは沐浴の手順についてです!

①沐浴をかけて足からお湯に

裸になると、不安になり泣く赤ちゃんもいるので、沐浴布を体にかけて足からゆっくりお湯にいれます。

②しぼったガーゼで顔を拭く

洗う順番は、顔などキレイな場所からだんだん下へ。目、耳、口の周りなどをしぼったガーゼでやさしく拭きます。

③顔を洗う

ガーゼで髪を濡らし、ママの手で石けんやシャンプーを泡立てて指の腹で洗い、きちんと流します。

④首からおなかを洗う

よく泡立てた石けんを手につけ、首から胸、おなかを洗います。

⑤手足を洗う

赤ちゃんが手を握っていたら、小指からママの手を入れると開きやすくなります。

⑥背中、お尻を洗う

ママの手を赤ちゃんのわきの下に入れ、ママの腕に赤ちゃんの胸、手首にあごを乗せるようにして裏返しに。

⑦性器を洗う

女の子:しわやひだになった部分

男の子:袋の裏側などやさしく丁寧に指で洗いましょう。

⑧上がり湯をかける

沐浴布をはずして、洗面器に用意しておいた上がり湯をかけます。

⑨タオルで体を拭く

お湯からあげたら、バスタオルで全身をくるみ、そっと押さえるようにして、体の水分をふきとります。

このような流れで沐浴をしましょう。ご参考にしてみてください。

当院では産後骨盤矯正をしております。

子連れOKです。保育士がいますのでご安心ください

何かありましたら、ゼロスポアドバンス 川崎までお越しください。

お問い合わせ

  • ゼロスポアドバンス
  • WEB予約

診療時間

住所
〒210-0024
神奈川県川崎市川崎区日進町1-11
川崎ルフロン内8F
アクセス
京浜東北線 川崎駅から徒歩3分