診療時間

スタッフブログ

川崎駅 整体 ゼロスポアドバンス川崎 『赤ちゃんのうつぶせ寝』

川崎駅 整体 ゼロスポアドバンス川崎 『赤ちゃんのうつぶせ寝』

こんにちは!ゼロスポアドバンスです!

なぜ、赤ちゃんのうつ伏せ寝はよくないとされているのでしょうか。

そこで、今回は、赤ちゃんのうつぶせ寝にヒヤヒヤしないための対策についてお話しします。

○赤ちゃんのうつぶせ寝は危険!

なぜなら、「うつぶせ寝」は窒息やSIDSのリスクがあるから。

乳幼児突然死症候群(SIDS)は、乳幼児期の死亡原因の上位にランクインする病気です。残念ながら、令和元年にも78名の赤ちゃんが亡くなっています。

乳幼児突然死症候群(SIDS)が起こる原因や予防方法ははっきりと分かっていませんが、厚生労働省では、以下のポイントを守ることを推奨しています。

・1歳になるまでは仰向けに寝かせる

・できるだけ母乳を控える

・タバコを控える

~赤ちゃんの命を守るためにできることは~

①ベットは硬めに、掛け布団は軽めに

弾力性があるやわらかい敷き布団やマットレスにかお顔をうずめてしまうと、窒息のリスクがあります。

②赤ちゃんのまわりにクッションやぬいぐるみ・タオルなどを、赤ちゃんのベットに置くのは避ましょう。

③寝るときは、薄着に

薄着にしてあげると、うつ伏せになったとき再び仰向けに戻りやすくなります。

また、赤ちゃんを薄着にしてあげると、汗かいて冷えたり、脱水症状になったりするのを防げます。

♦︎うつ伏せ寝が好きなようで、うつ伏せ寝だとよく寝ることも。

まだ、月齢が小さなころは、うつ伏せだと呼吸や心拍が落ち着くとされています。

ひっくり返すときのコツは、体全体を持ち上げるとびっくりして起きてしまうので、頭を持ち上げ、そっと体を動かしましょう。

●では、いつまで気をつけたらいいのか

一歳を過ぎるまでは、避けるのが望ましいですが、あまり神経質になる必要はなさそうです。

自分でうつ伏せになってしまうのはやむを得ないですよね…

●こまめなチェックは忘れずに!

どんな安全対策をほどこしていても、お昼寝中はこまめに赤ちゃんの様子をチェックしてください。

ぜひ、上記に書かれてる対策を参考にしてみてください。

当院には、保育士が在籍しております。

何かお身体でお困りでしたら、川崎ゼロスポアドバンスにお越しください。

お問い合わせ

  • ゼロスポアドバンス
  • WEB予約

診療時間

住所
〒210-0024
神奈川県川崎市川崎区日進町1-11
川崎ルフロン内8F
アクセス
京浜東北線 川崎駅から徒歩3分