診療時間

テニス肘・ゴルフ肘

こんな症状でお悩みではありませんか

  • テニスを始めたばかりで、慣れないフォームで肘や手首を痛めてしまった
  • ゴルフ中にスイングすると、肘に痛みが生じる
  • 肘の痛みや炎症が治らず、注射を打ってもらっているが改善しない

テニス肘・ゴルフ肘とは?|ゼロスポアドバンス

「テニス肘・ゴルフ肘」とよく聞きますが、実際にどのような症状なのか知っている人は少ないのではないでしょうか。この二つの違いは、以下の通りとなります。

テニス肘…正式名称「上腕骨外側上顆炎」と言い、主に片手でバックハンドを行う際に肘の外側が痛むことを言います。

この症状はテニスのほか、バドミントンや卓球の片手でラケットなどを持つスポーツを行っている人に多く、その原因はボールを打った際の衝撃が手首から肘にかけて激しく伝わるため、腱が炎症を起こしているからです。また、スポーツをしていなくても手首をよく使う料理人や主婦にも多い症状です。

ゴルフ肘…正式名称「上腕骨内側上顆炎」と言い、主に無理なスイング姿勢などをすることにより、肘の内側に負担がかかり炎症が起き、痛みが起きることを言います。

その原因は、肘の内側にある腱に疲労がたまっていくことで特に加齢とともに老化しやすくなっていく中高年に多い症状です。

テニス肘・ゴルフ肘の原因は?|ゼロスポアドバンス

どちらの症状も肘に炎症が起きたり、痛みが出ることが多いですが、実際は肘ではなくそれ以外の部分に問題があることが多いです。それ以外の問題、というのは「手首をしっかり固定せずに打っている」「ラケットの正しい部分にボールが当たらない」「身体が硬くスイングがうまくできていない」「加齢による筋肉の低下」などが考えられます。

実は、テニスもゴルフも、ボールの衝撃を吸収できるほどの体幹と体の安定性が重要なスポーツです。しかし、それらが安定していない状態で行うと、体幹の代わりに手首がボールの衝撃を吸収することにより肘に炎症や痛みが起きてしまうのです。

当院の施術方針|ゼロスポアドバンス

テニス肘・ゴルフ肘の痛みの原因は体幹の弱さや体の安定性が重要で、それがないことによってテニス肘・ゴルフ肘になってしまうことは先ほども説明しました。ですので、肘が痛いからと言って、シップを貼ったりアイシングをしたりしても正直意味はないのです。

痛みの原因である体幹の弱さや体の安定性を放っておいてしまうと、テニス肘・ゴルフ肘を何度も繰り返してしまうこととなります。

そこで当院では、肘の痛みを緩和するだけでなく体すべての調子を整えることで、痛みが再発しないように施術を行っています。

患者様のテニスやゴルフをする際の姿勢はどうなのか、今の姿勢ではどこに負担がかかってしまっているのか、そこを見極めながら筋肉をほぐし正しい姿勢へと骨格や骨盤から矯正していきます。

いつまでも好きなスポーツを楽しみたい方はせひ、一度当院へお越しください。

お問い合わせ

  • ゼロスポアドバンス
  • WEB予約

診療時間

住所
〒210-0024
神奈川県川崎市川崎区日進町1-11
川崎ルフロン内8F
アクセス
京浜東北線 川崎駅から徒歩3分